防犯対策用の通学アイテムを紹介します

防犯対策用の通学アイテムとして最も有名なのは防犯ブザーです。紐を引くだけで、いざというとき周囲に危険を知らせてくれます。いまは通学する子供だけでなく、大人の女性も持っている方がいるようで、ラインナップはかなり豊富です。小学校では、新一年生になる時に無料で配布するところもあります。ただ友達同士で遊んでいる時に壊してしまったり、故障することも多いですので、念のため予備のものを購入しておくと安心です。また、最近では子供用ケータイ・スマホも防犯アイテムとして利用されています。いざというときの連絡手段としては通話やメールがしやすいもの、子供の位置検索手段としてはそのサービスが充実したものを選ぶようにしましょう。いずれも目的に合った機種を選ぶようにし、単なる子供の遊び道具にならないようにしてください。

小学生がもつ通学用防犯ブザーの選び方

前述したとおり、防犯ブザーには種類がたくさんあります。ここでは小学生に適した通学用防犯ブザーの選び方を紹介します。一つ目は音が100dB以上であることです。できれば実際に鳴らして音を確かめ、耳につきやすいものを選ぶと安心です。二つ目は使いやすいことです。多機能なものだと、子供が使いこなせない可能性があります。実際に触らせてみて鳴らしやすく、シンプルなものがベストです。三つ目は壊れにくいことです。子供たちはよく動くので防犯ブザーには頑丈さが必須です。防水・防滴機能がついたものだと、雨の日も安心でしょう。四つ目はランドセルに固定できることです。フックに引っ掛けるだけではブラブラしてぶつけやすく、非常時に手に取ることができないこともあります。ランドセルと一体化できるタイプであれば、邪魔にならず扱いやすくなります。

通学時の防犯アイテムの購入方法

通学時の防犯ブザー(アラーム)や反射材などは、文房具店および大手デパートなどで購入することができます。これらのお店は、上履きや体操着なども販売する学校指定の店舗がある場合もありますので、よく確認してみてください。また、最近ではインターネット通販での購入も可能です。お店で買うよりも安価で買うことができますが、在庫が無かったり、実物を見ることはできなかったりしますので注意しましょう。子供用のケータイ・スマホは、近くの携帯電話ショップや家電販売店で購入可能です。ただし、学校によってはケータイの持ち込みを禁止しているところもあります。購入前に確認が必要です。また前述したように、目的以外の機能はなるべくつけないようにします。インターネットを閲覧できたり、誰とでもメールができたりすると、単なる子供のおもちゃになってしまうからです。子供の命を第一に考え、防犯アイテムを購入しましょう。