通学用に持っておくとよい防犯グッズ

何が起こるか分からない世の中、防犯は常に心掛けておきたいところです。お子さんに防犯グッズを持たせることを考えている親御さんも多いのではないでしょうか。ここでは通学時に便利な防犯グッズをご紹介します。防犯グッズとして最もポピュラーなものが防犯ブザーです。周囲に危険を知らせたり、暴漢を追い払ったりする効果があります。防犯ブザーを選ぶ際に留意したいのは使い勝手の良さです。いざという時に使えなければ意味がありません。特に子どもが使う場合、力が必要なものは不向きです。ボタンを押すタイプもの、紐を引くタイプのものなどがありますが、使う本人にとって使いやすいものを選びましょう。また、ブザー音の大きさは85db以上が良いとされます。これはピアノや布団叩きに相当する大きさで、一般に騒音として認識されるレベルに当たります。ホームセンターや家電量販店、文具店他、ネットショップでも購入が可能です。

持っているだけで安心なお手軽防犯グッズ

防犯ブザーを持ったらそのことを周囲にアピールしましょう。防犯ブザーは持っているというだけで犯罪の抑止力になり得ます。これを知らせてくれるのが「防犯ブザー携帯中」などの文言が書かれたステッカーです。抵抗が予想されると犯罪者も手を出しにくいものです。鞄に付けるだけで不審者に目を付けられる確率が下がります。帰りが遅くなる場合、合わせて持っておきたいのがリフレクターです。車のライトに反射して光り、トラブルを防いでくれます。キーホルダータイプやシールタイプなどバリエーションが豊富で、女の子や女性でも抵抗なく持ち歩けるのが嬉しいところです。GPS機能付きの携帯電話も非常に優秀な防犯グッズです。但し学校への持ち込みが禁止されている場合もありますので、事前に確認するようにしましょう。

中高生こそ持っておきたい性犯罪対策グッズ

中学生・高校生ともなれば防犯グッズなんて必要ない、子どもっぽくて恥ずかしい、などと思われる方もいるかも知れません。しかし思春期を迎え心身が成熟して来ると、今度は性犯罪に遭う確率が高まって来ます。痴漢や強姦被害を防ぐためにも防犯ブザーは持っておきたいグッズです。ライト機能を搭載したものなど、夜道の一人歩きに心強い多機能型ブザーも多く見られます。お薦めしたいのは紐を引くタイプのブザー、中でも紐が抜け切るものです。このタイプであれば抜けたひもを戻すまで鳴り続け、威嚇としても充分な効果を発揮します。バッグに付けておけば、ひったくり防止にもなって一石二鳥です。キャラクターものやデザイン性の高いお洒落なものも多く出ていますので、いつでも持ち歩きたくなるようなものを選びたいです。